2015年10月16日

2015年9月読書記録

西澤保彦『回想のぬいぐるみ警部』
山崎広子『8割の人は自分の声が嫌い』
太田忠司『黄昏という名の劇場』
京極夏彦『百鬼夜行-陰』
四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』
天樹征丸『雷祭殺人事件』
京極夏彦『百器徒然袋―雨』
山室恭子『大江戸商い白書』
『池澤夏樹個人編集日本文学全集日本文学全集21 日野啓三/開高健』
法月綸太郎『怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関』
小島慶子『わたしの神様』
麻耶雄嵩『まほろ市の殺人 秋 闇雲A子と憂鬱刑事』
石崎幸二『長く短い呪文』
宮内悠介『エクソダス症候群』

計14冊。四元さん、小島さんという小説家以外の方の作品がとても素晴らしかったのが印象的でした。そして『エクソダス症候群』はSF者じゃなくてもスラスラ読めて無類に面白い。全体としては大変満足。
posted by △ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。