2017年07月03日

2017年6月読書記録

西澤保彦『悪魔を憐れむ』
古野まほろ『禁じられたジュリエット』
ジュリー・ベリー『聖エセルドレダ女学院の殺人』
宮沢章夫『時間のかかる読書』
ジェシー・プリッツ『はらわたが煮えくりかえる』
NR出版会編『書店員の仕事』
今村夏子『あひる』
藤井光編『文芸翻訳入門』
佐藤亜紀『スウィングしなけりゃ意味がない』
森博嗣『私たちは生きているのか?』
山口雅也『落語魅捨理全集』
大森望&豊崎由美『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』
岩佐義樹『ミスが無くなるすごい文章術』
佐藤望『バロック音楽を考える』
砂原庸介・稗田健志・多湖淳『政治学の第一歩』
海老原暁子『なぜ男は笙野頼子を畏れるのか』
セス・S・ホロウィッツ『「音」と身体のふしぎな関係』
浜田寿美男『「自白」はつくられる』
恩田陸『七月に流れる花』
恩田陸『八月は冷たい城』

20冊。小説も多めで、充実した読書生活が送れた模様。出張などで移動時間が多かったことが原因かと思います。恩田さんの2作品が素晴らしかった…。
posted by △ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年5月読書記録

アレン・フォート『無調音楽の構造』
有栖川有栖『狩人の悪夢』
『日本文学全集 26 近現代作家集I』
森見登美彦『ぐるぐる問答』
アンリ・ゴナール『理論・方法・分析から調性音楽を読む本』
喜国雅彦『本棚探偵最後の挨拶』
綾辻行人『人間じゃない』
木下古栗『生成不純文学』
フラン・オブライエン『第三の警官』
高田崇史『QED〜flumen〜月夜見』
山口博史『パリ音楽院の方式による厳格対位法』
吉田敏浩『人を”資源”と呼んでいいのか』
大岡信・谷川俊太郎『詩と世界の間で』
青山拓央『幸福はなぜ哲学の問題になるのか』

14冊。ですが小説が少ない…。やはり『狩人の悪夢』が美しい作品。
posted by △ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする