2010年03月21日

Chor Kraut 5th Concert

Chor Kraut 5th Concertを聴いてきました。

2010/03/14(Sun.) open13:30 start14:00
@センティニアルホール(埼玉県立春日部高等学校内)

プログラム

第1部 木下牧子特集

めばえ (作詩:みずかみかずよ)
44わのべにすずめ (原詩:Daniil Kharms 訳詩:羽仁協子)
虹 (詩:高見順)
グリンピースのうた
おんがく (作詩:まど・みちお)

第2部 外国語曲ステージ

Kyrie
Gloria
Sanctus
Agnus Dei (以上、Missa Piccolaより 作曲:Sandra Milliken)
Sing for joy (作曲:Sandra Milliken)
At the Milonga (作詞:Murray Milliken 作曲:Sandra Milliken)
Hodie Christus natus est (作曲:Niels la Cour)
O salutaris Hostia (作曲:Javier Busto)

休憩

第3部 はるうた

手紙 (作詞・作曲:アンジェラ・アキ 編曲:鷹羽弘晃)
春に (作詩:谷川俊太郎 作曲:木下牧子)
旅立ちの日に (作詞:小嶋登 作曲:坂本浩美 編曲:松井孝夫 合唱・伴奏編曲:榎本潤)
卒業写真 (作詞・作曲:荒井由実 編曲:小池ちひろ)
なごり雪
さくら(独唱) (作詞:森山直太朗、御徒町凧 作曲:森山直太朗 編曲:松下耕)

第4部 無伴奏混声合唱のための「カウボーイ・ポップ」 (詩:寺山修司 作曲:信長貴富)

カウボーイ・ポップ
人さし指秘抄
猫はねむる 火のそばで
ある日
ヒスイ

アンコール:春に(だったような…記憶が曖昧、すみません!)

第1部は木下作品を集めたステージ。1ステでやるには難しい曲(「44羽〜」とか)もありましたが、耳なじみのよい作品ばかりなので楽しめました。ただ、一つだけ。司会は要らなかったかなあ。コンサートの出だしって聴衆は集中力がまだあるので、逆にそれを阻害されるかも。特に同じ作曲家のものだとカラーが統一されていて組曲っぽくも聞こえますし。演奏は大健闘でした。

第2部はそれぞれコンクールなどの舞台にすでに乗せた曲を集めたステージで、安定感がありました。ミリケン作品、多分はじめて聴いたのですが結構好きかも、

休憩はさんで第3部。春をテーマにしたステージ。これは司会があってよかった(ポップスステージってだれやすいので)。こちらも耳なじみがよく、楽しめました。しかしまあ春をテーマにした曲って多いなあ。いつかどっかで冬をテーマにした凍えるような3ステってのをやってくれないか(笑)。

また休憩をはさんで楽しみにしていた第4部。『カウボーイ・ポップ』、初演も聴きましたし、好きな作品なので楽しみでした。

冒頭の口笛の音程の良さにびっくりしたりしたのですが、そんなところ(って言っちゃいけないけど)に気を取られてはいけないと集中して聴きました。演奏自体も危険水域には達することなく進行。とにかく難しいんですよ、この曲。嫌味な褒め方だと思ってほしくないんですが、最後まで通っただけで敢闘賞ものなんです。いやいや、音楽的にも巧みなところはいろいろありましたよ。「猫はねむる〜」とかは、この合唱団のテノールの音色が曲調にあっていて楽しく聴けました。

アンコールは肩の力が抜けていてよい演奏。全体として曲が僕の好みのものばかりで、楽しめる演奏会でした。うんうん、選曲とかがひねくれていない素直な合唱団の演奏会っていいものだなあ。

(しかし、「楽しみ」とか「楽しい」とか、つまんない表現ばかりですね…演奏会評って難しい)
posted by △ at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | みみをすます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。ハンドルネームをyujitから「たなゆう」に改めました。
 演目を見ると、いろいろな曲をやっていますね。知っていれば私も行ったかもしれません。

 実は、この演奏会の一週間前、私も演奏会の舞台に立って歌っていました。演目が、団の方針上、ヘンデルのオラトリオの中の合唱曲(「見よ、勝利の勇士がやってくる」など)やモーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」のように、外国曲ばかりで△さんの好みに合うかどうか分からないものだったので、お知らせするのを躊躇してしまいました。
 大人数の団員が、音程や音色に細心の注意を払いつつ、一つの曲をよりよいものに仕上げていくというのは、本当に大変でした(録音したものを聞くと、「仕上げた」という表現からは程遠い)。まだまだ結成から日の浅い団で、技術的には未熟なところばかりです。でも、もっとがんばって美しい響きを作ってまいりますので、第2回をやるときは、△さんに自信を持って演奏会の案内を出せるようにしたいです。
Posted by たなゆう at 2010年03月22日 23:30
ごぶさたしております。

ついに合唱団として演奏会に参加とのこと、おめでとうございます。今度はぜひ誘ってくださいね。僕の方も出演したりなんだかんだの演奏会が2010年度はたくさんありますので、ぜひいらしてください。たなゆう氏のアドレス、変わってないですよね?
Posted by at 2010年03月23日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック