2010年06月07日

『犬の帝国』

アーロン・スキャブランドさん著、本橋哲也さん訳の『犬の帝国 幕末ニッポンから現代まで』を読む。

たまには学術書も、ということで、読んでみました。犬という形象が日本でどのようにイメージ戦略の道具にされてきたかについて、緻密に論じた本。この本を読めば、あなたはもう忠犬ハチ公を今まで同じようには見られなくなります。

個人的には、古川日出男さんの『ベルカ、吠えないのか?』と併せ読みしてほしいなあ。オススメ。
posted by △ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | かんがえをかんがえる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152550730

この記事へのトラックバック