2011年06月03日

2011年5月読書記録

5月の読書記録です。

福永信『星座から見た地球』新潮社
東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』小学館
フジモトマサル『終電車ならとっくに行ってしまった』新潮社
赤染晶子『乙女の密告』新潮社
いしいしんじ『遠い足の話』新潮社
リディア・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』白水社
藤子・F・不二雄原作、瀬名秀明著『のび太と鉄人兵団』小学館
伊藤計劃『ハーモニー』早川書房
中山七里『連続殺人鬼カエル男』宝島社文庫
加地大介『穴と境界』春秋社
『文藝』2011夏号森見登美彦特集
西成活裕『とんでもなく役に立つ数学』朝日出版社
佐々木敦『即興の解体/懐胎』青土社
『チーズと塩と豆と』集英社
アンダーウッド・ダッドリー『数秘術大全』青土社
ウィリアム・トレバー『アイルランド・ストーリーズ』国書刊行会
上岡陽江+大嶋栄子『その後の不自由』医学書院
鯨統一郎『新・日本の七不思議』創元推理文庫
D・M・ディヴァイン『兄の殺人者』創元推理文庫
ウェイン・C・ブース『フィクションの修辞学』書肆風の薔薇
保坂和志『小説の自由』新潮社
ディーター・ヘンリッヒ『神の存在論的証明』法政大学出版局
スラヴォイ・ジジェク他『オペラは二度死ぬ』青土社

しめて23冊。うち小説は14冊(含む文芸誌)。先月と同じ冊数だったあたりから考えると、この辺りが僕の通常ペースだということでしょうか。今月は、「私は好きだけれど人には薦めないかなあ」という小説がわりと多かった。そのなかでどなたにもオススメできるのは『星座から見た地球』『ほとんど記憶のない女』『ハーモニー』『アイルランド・ストーリーズ』ですかね。

小説以外では当たりが多かったのも5月の特徴かな。『穴と境界』『即興の解体/懐胎』『神の存在論的証明』は、どれも明晰な論理に貫かれた良書です。どなたさまもどれか一冊はぜひとも読んでいただきたい。

6月も楽しく読書いたします。
posted by △ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206656389

この記事へのトラックバック