2013年05月05日

2012年3月読書記録

3月。

彩坂美月『夏の王国で目覚めない』
北山猛邦『猫柳十一弦の失敗』
長沼毅『世界をやりなおしても生命は生まれるか?』
古野まほろ『セーラー服と黙示録』
斎藤美奈子『名作うしろ読み』
北原みのり『さよなら、韓流』
古野まほろ『復活ポロネーズ第五十六番』
松原好次他編『言語と貧困』
『BRUTUS』20121215号
フィリップ・ボール『音楽の科学』
穂村弘・鴻巣友季子・福永信「群像的文体練習」『群像』2012年11月号
森達也『虚実亭日乗』

12冊(冊じゃないのもあるか…)。猫柳十一弦は今福家警部補と並んで私の一番好きな探偵役キャラクター。その他斎藤北原両氏の本も無類に面白い。古野作品も2冊読めたし、幸せな読書月でした。新学期が始まる前の束の間の幸福。
posted by △ at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック