2013年08月31日

2013年5月読書記録

今さらですけど、それでも読んだ本の記録はとっておきたいので。

渡辺裕『歌う国民』
大倉崇裕『福家警部補の報告』
北山猛邦『人魚姫 探偵グリムの手稿』
竹村和子『彼女は何を視ているのか』
恩田陸『私と踊って』
法月綸太郎『ノックス・マシン』
石持浅海『届け物はまだ手の中に』
『綾辻行人殺人事件 主たちの館』
『ニュー・ミュージコロジー』
倉島保美『論理が伝わる世界標準の「書く技術」』
中島京子『のろのろ歩け』
川崎徹『最後に誉めるもの』

計12冊。半ば研究関連と言える本も多いですな…。
大倉さん、恩田さん、法月さん、中島さんの作品は安定して無類に面白い。
豊崎由美さんが薦めていたので読んだ川崎作品も大変心に染み入りました。
posted by △ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック