2014年01月11日

2013年11月読書記録

つづいて11月。

森博嗣『赤目姫の潮解』
ロベルト・ボラーニョ『2666』
金井美恵子『夜になっても遊びつづけろ』
金井美恵子『猫、そのほかの動物』
津村記久子『これからお祈りにいきます』
鹿島田真希『ハルモニア』
吉松隆『作曲は鳥のごとく』
川村湊訳『梁塵秘抄』
恒川光太郎『金色機械』
森博嗣『神様が殺してくれる』
倉知淳『シュークリーム・パニック 生チョコレート』
ナイジェル・ウォーバートン『哲学の基礎』
西村朗『曲がった家を作るわけ』
周木律『双孔堂の殺人』

14冊。ずいぶん読んだなあ。しかもポラーニョみたいな大作から、金井さんの辛辣にして楽しいエッセイ、津村さんのため息が出るほど上手い小説、恒川さんの奇想天外なSF、倉地さん周木さんの本気の本格ミステリまで。多分出張続きで読書時間が多かったからでしょうね。11月は充実していた模様。
posted by △ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック