2014年11月15日

2014年3月読書記録

京極夏彦『書楼弔堂 破曉』
赤坂真理『東京プリズン』
松尾たいこ『わたしがみつけたもの』
島田雅彦『英雄はそこにいる』
ジョージ・ソーンダース『短くて恐ろしいフィルの時代』
糸井重里『おめでとうのいちねんせい』
松田青子『英子の森』
辻村深月『島はぼくらと』
古田徹也『それは私がしたことなのか』
黒田夏子『abさんご』
桜木紫乃『無垢の領域』
posted by △ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック