2016年02月11日

2016年1月読書記録

『蘇る伊藤計劃』
岸本佐知子訳『コドモノセカイ』
『河出書房新社日本文学全集11 好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美』
ジェーン・スー『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』
狩野光伸『論理的な考え方 伝え方』
野崎昭弘『「P≠NP」問題』
堀啓子『日本ミステリー小説史』
筒井淳也『仕事と家族』
西村義樹・野矢茂樹『言語学の教室』
金成陽三郎・さとうふみや『金田一少年の事件簿19〜27』
金成陽三郎・天樹征丸・さとうふみや『金田一少年の事件簿Case1・2・3(上下)・4』
津村記久子『この世にたやすい仕事はない』
角田光代『夜をゆく飛行機』
森田真生『数学する身体』
ヘルマン・ヘッセ『車輪の下で』
尹雄大『やわらかな言葉と体のレッスン』
森博嗣『彼女は一人で歩くのか?』
野矢茂樹『哲学な日々』
松田青子『読めよ、さらば憂いなし』

31冊、うち漫画14冊。『金田一少年の事件簿』は、Caseになってからの方がミステリとして面白くなっていると思う。
posted by △ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック