2016年05月06日

2016年4月読書記録

喜国雅彦『本棚探偵の冒険』
バスティアン・ヴィヴェス『塩素の味』
岸本佐知子・三浦しをん・吉田篤弘・吉田浩美『『罪と罰』を読まない』
絲山秋子『小松とうさちゃん』
佐藤亜紀『吸血鬼』
大倉崇裕『ペンギンを愛した容疑者』
宮内悠介『アメリカ最後の実験』
織守きょうや『黒野葉月は鳥籠で眠らない』
青崎有吾『アンデッドガール・マーダーファルス1』
深木章子『ミネルヴァの報復』
『殊能将之未発表短編集』
西澤保彦『帰ってきた腕貫探偵』
古川日出男『あるいは修羅の十億年』
小野不由美『残穢』
泡坂妻夫『妖女のねむり』
上田岳弘『異郷の友人』
森谷明子『春や春』
青崎有吾『図書館の殺人』
夏樹静子『そして誰かいなくなった』
村田沙耶香『消滅世界』
唐木元『新しい文章力の教室』

21冊。読む前から絶対に面白いとわかっている作家の作品を読んで、実際に面白かった、という経験の多い月でした。そんな中で、唐木さんの『新しい文章力の教室』が本当に役に立つ文章読本でびっくり。これは手元に置いておきたい1冊。
posted by △ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック