2016年11月03日

2016年9月読書記録

三宅隆太『スクリプトドクターの脚本教室・中級篇』
古野まほろ『新任巡査』
『河出書房新社日本文学全集18 大岡昇平』
村田千尋『西洋音楽史再入門』
島田荘司『屋上の道化たち』
穂村弘『短歌ください 君の抜け殻篇』
ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ(2〜6)』
森川智喜『レミニという夢』
小林泰三『クララ殺し』
小林泰三『失われた過去と未来の犯罪』
椎名亮輔『狂気の西洋音楽史』
蓮實重彦『伯爵夫人』
『自薦THEどんでん返し』

15冊。小説・マンガ・研究書など幅広く読みました。『伯爵夫人』はまあポルノグラフィですよね。
むしろだからこそすごい作品だと思いますが。
posted by △ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック