2016年11月03日

2016年10月読書記録

アンディ・ウィアー『火星の人(上・下)』
ホンミンピョ/金振鎬『人工知能は碁盤の夢を見るか?』
サイモン・シン『数学者たちの楽園』
大倉崇裕『スーツアクター探偵の事件簿』
鯨統一郎『崇徳院を追いかけて』
『河出書房新社日本文学全集30 日本語のために』
竹本健治『涙香迷宮』
小島慶子『女たちの和平交渉』
霧舎巧『推理は一日二時間まで』
松田青子『ワイルドフラワーの見えない一年』
『東京大学「教養学部報」精選集』
『ヤマザキマリのリスボン日記』
法月綸太郎『挑戦者たち』
下條信輔『まなざしの誕生 新装版』

15冊。松田作品の切れ味の鋭さには舌を巻く(そして無類に笑える)。法月作品はこれまたユーモアの鋭さが美しい。後期クィーン問題で論文を書いたこともある法月さんだからこその異色作。
posted by △ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443477823

この記事へのトラックバック