2017年01月07日

2016年12月読書記録

ジョナサン・ウルフ『「正しい政策」がないならどうすべきか』
森博嗣『デボラ、眠っているのか?』
『河出書房新社日本文学全集10 能 狂言 説経節 曾根崎心中 女殺油地獄 仮名手本忠臣蔵 菅原伝授手習鑑 義経千本桜』
アンソロジー『アリス殺人事件』
斉藤斎藤『渡辺のわたし 新装版』
山田陽一編『音楽する身体』
連城三紀彦『わずか一しずくの血』
藤野寛『「承認」の哲学』
『河出書房新社日本文学全集7 枕草子 方丈記 徒然草』
連城三紀彦『戻り川心中』
連城三紀彦『どこまでも殺されて』
松尾スズキ『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』
『デザインが楽しい! 地図の本』
角田光代『わたしの容れもの』

14冊。趣味というより仕事の本がいくつか混ざっているので、やや物足りない月でした。まあ、師走は忙しないですから。2017年も、もろもろ支障のない範囲で楽しく読んでいければ、と思っています。
posted by △ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック