2005年06月24日

『キッパリ!』

上大岡トメさんの『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』を読む。こういう本も時々読むという意味で僕はかなり重度の雑食ですね…。

で、大抵こういう「自分を変えてみよう本」って、「できるところからコツコツ」とと主張しつつもそこで課されるハードルが高いんですよね。それは仕方のないところで、できるところからコツコツやって成功しちゃった人は当然もっとすごいことを自分に課して生きているわけで、その立場から書けば僕ら凡人には真似できないことをやれ、って話になるのは当たり前。

で、上大岡さんはそこであえてそのハードルをものすごく下げようとしている。ここが面白いし、多分読者にうけた理由。だって靴を揃えるとか、こぶしを突き上げてポーズをとるとか、相当ハードルが低いですよ、この手の本にしては。

この辺は自己啓発本を研究している同じ学科の方に意見伺う必要がありそうですね…。いずれにせよ僕は意外と啓発されやすいので(笑)、楽しめました。
posted by △ at 12:48| Comment(3) | TrackBack(0) | ひびをやりすごす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私持ってます〜。
ズバリ「習慣をかえれば人が変わる」本ですね♪
漫画もついててよみやすくて結構たまに読み返しています。

自己啓発本、自分が嫌いになると読んじゃうかも・・・PHPとかって多いですよね。
あと中谷彰宏?字があってるのか・・・。

とりあえず靴をそろえるようにしました。
アイラインは書いてません。

Posted by あきのり at 2005年06月24日 22:41
うちにもありましたよー(笑)。この本。
たまににょろっとチラ読みしては「あー、してないな。」とか思って逆に凹む(笑)。

自己啓発本って「あ、これ、私やってないや。」とか「できないや」って思うと凹むんですけど、それは自己啓発本読む(心の)元気も足りてないって事ですか(笑)。
Posted by 館風 at 2005年06月25日 01:55
>あきのりさん

僕は中谷彰宏さんの本が苦手なんですよね…。漠然とした分類なんですが、男性が書く自己啓発本って背後のサポートを当然のこととしているし、逆に主婦の書く自己啓発本ってなんでそこまでしなきゃいけないの?ってほどいろいろ要求するんですよね。だから働く女性の書く本がちょうどいい、って感じが僕にはします。

>館風さん
そんなあなたはまずこぶしを突き上げるポーズから!自己啓発本読んで元気になれる人はそれはそれで危ないと思いますよ(苦笑)。
Posted by at 2005年06月26日 10:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック