2008年03月08日

『哲学ディベート』

高橋昌一郎さんの『哲学ディベート』を読む。

アクチュアルな倫理的問題に対して、その中身を問う前にそれらを論理的に読み解こう、という話。なので、倫理的な判断がくだされるだいぶ前で止まっています。あくまで論理力を身につける本だな、と思いました。全体的に、あるトピックに対する肯定と否定の意見がどちらも掲載されているので、読者が自分で考えてみるように、とのことなのでしょう。

posted by △ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | かんがえをかんがえる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック