2018年07月07日

2018年6月読書記録

ファン・ジョンウン『野蛮なアリスさん』
千街晶之編著『21世紀本格ミステリ映像大全』
『有元葉子の台所術』
八木沢敬『「数」を分析する』
稲垣えみ子『もうレシピ本はいらない』
『宮辻薬東宮』
友野なお『正しい眠り方』
いなにわ・せきしろ『偶然短歌』
道江美貴子『なぜあの人は、夜中にラーメン食べても太らないのか?』
キムラカズヒロ『サルベージ・パーティから生まれた「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ』
三田村仰『はじめてまなぶ行動療法』
連城三紀彦『悲体』
サンキュータツオ『もっとヘンな論文』
高田崇史『QED ortus 白山の頻闇』
蒼井碧『オーパーツ 死を招く至宝』
マーク・クシュナー『未来をつくる建築100』
山崎明子・藤木直美編著『〈妊婦〉アート論』
ジェシー・べリング『なぜペニスはそんな形なのか』
木下古栗『いい女vs.いい女』
吉村達也『王様のトリック』

20冊。びっくりするぐらい読んでいる。
電車移動の多い月だった自覚はないのですが。
そして『野蛮なアリスさん』とか『はじめてまなぶ行動療法』とか、
名著も多かった。
posted by △ at 11:15| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年5月読書記録

古野まほろ『天帝のみはるかす桜火』
宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』
内田浩史『金融』
深木章子『消人屋敷の殺人』
マーティン・デイヴィス『万能コンピュータ』
久禮亮太『スリップの技法』
三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』
ロビン・ウィルソン『四色問題』
土屋敦『男のチャーハン道』
『ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平』

10冊。最近は本当に小説を読んでいないなあ、と思います。
細切れの通勤読書だと小説を避けてしまうのがよくない。
posted by △ at 11:10| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

2018年4月読書記録

ヴィンセント・ディ・マイオ、ロン・ブランセル『死体は嘘をつかない』
楠田枝里子『ピナ・バウシュ中毒』
井手口彰典『童謡の百年』
『推理作家謎友録』
山本昌代『応為坦坦録』
浅野晃『挫折しない統計学入門』
楠田枝里子『チョコレートの奇跡』
ノーラ・エフロン『首のたるみが気になるの』
森博嗣『ペガサスの解は虚栄か?』

9冊。『死体は嘘をつかない』が面白かったですが、
アメリカの司法制度って…ともやもやした気持ちにもなりました。
ぼやっとした意見ですが、司法取引ってどうなんでしょう。
posted by △ at 10:40| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年3月読書記録

ブーレーズ、ジャンジュー、マヌリ『魅了されたニューロン』
矢沢久雄『10代からのプログラミング教室』
小池昌代『幼年 水の町』
『謎の館へようこそ 黒』
二階堂黎人『巨大幽霊マンモス事件』
ブルック=ヒッチング『世界をまどわせた地図』
今村昌弘『屍人荘の殺人』
川添愛『自動人形の城』
『謎の館へようこそ 白』
安田登『能』
伊藤公一朗『データ分析の力』
倉知淳『皇帝と拳銃と』
神田松之丞・杉江松恋『絶滅危惧職、講談師を生きる』
石黒圭『文章は接続詞で決まる』
山本ゆり『syunkonカフェ雑記』

15冊。どうしたのか、ってくらいたくさん読んでますね。
もちろん『屍人荘の殺人』が大変素晴らしかったのですが、
その他の本の内容も珍しく忘れずによく覚えています。
大当たりの月だったようです。
posted by △ at 10:36| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年2月読書記録

野村康『社会科学の考え方』
畑農鋭矢・水落正明『データ分析をマスターする12のレッスン』
古野まほろ『R.E.D. 警察庁特殊防犯対策官室』
井上真偽『探偵が早すぎる(下)』
山本貴光『文学問題(F+f)+』
『7人の名探偵』

6冊とは少ない…一冊ごとの密度が高かったのでこれは仕方ないか。
そもそも量の問題ではないですしね(でも、たくさん読みたい)。
posted by △ at 10:30| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

2018年1月読書記録

ヤニス・クセナキス『形式化された音楽』
『上田寿美子のクルーズ!万才』
飯間浩明『小説の言葉尻をとらえてみた』
谷川俊太郎・覚和歌子『対詩 2馬力』
林光『現代作曲家探訪記』
森博嗣『青白く輝く月を見たか?』
石沢英太郎『カラーテレビ殺人事件』
近藤秀秋『音楽の原理』
『〆切本2』
松山洋平『イスラーム思想を読みとく』
篠沢健太・吉永健一『団地図解』
阿部公彦『名作をいじる』
ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル(編)『ドーピングの哲学』

13冊。小説が2冊しかない…。
posted by △ at 16:48| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

2017年12月読書記録

小島正樹『武家屋敷の殺人』
サイモン・ホロビン『スペリングの英語史』
綾辻行人『十角館の殺人〈限定愛蔵版〉』
佐藤岳詩『メタ倫理学入門』
酒井順子『男尊女子』
有栖川有栖『濱地健三郎の霊なる事件簿』
柾木政宗『NO推理、NO探偵?』
野矢茂樹『大人のための国語ゼミ』
詠坂雄二『T島事件』
早坂吝『ドローン探偵と世界の終わりの館』
沼野雄司『ファンダメンタルな楽曲分析入門』
天袮涼『希望が死んだ夜に』
A・ラインハート『ダメな統計学』
『細川俊夫音楽を語る』

14冊。『NO推理、NO探偵?』と『ドローン探偵と世界の終わりの館』みたいなケレン味たっぷりの仕掛け、好きだなあ。

2017年に読んだ本は(このブログをもとに計算すると)150冊。昔のようにたくさんは読めませんが、それでもよく読んだなあと思います。やはり私は本の虫ですね。2018年も面白い本とたくさん出会いたいと思います。
posted by △ at 16:54| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

2017年11月読書記録

田中大介『葬儀屋のエスノグラフィ』
角田光代訳『日本文学全集4 源氏物語 上』
森谷明子『南風吹く』
今村夏子『星の子』
新保信長『字が汚い!』

5冊。少ない…。忙しかったのかなあ。今となってはもう記憶の彼方。
posted by △ at 13:53| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

2017年10月読書記録

京極夏彦『虚実妖怪百物語 急』
山川偉也『ゼノン 4つの逆理』
『ベスト本格ミステリ2017』
恩田陸「夜のふたつの貌」『終りなき夜に生れつく』
久石譲『音楽する日乗』
ルスタム・カーツ『ソヴィエト・ファンタスチカの歴史』
古川日出男『非常出口の音楽』
森博嗣『ダマシ×ダマシ』
泡坂妻夫『煙の殺意』
森博嗣『MORI Magazine』
辻田真佐憲『文部省の研究』
上橋菜穂子『隣のアボリジニ』
井上真偽『探偵が早すぎる(上)』
川添愛・花松あゆみ『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』
武田尚子『ミルクと日本人』

15冊。意外とバランスよく読みたい本を読めているのではないか。
忙しくていつ読んでいたのかの記憶はないですが。
posted by △ at 16:37| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年9月読書記録

アンジェラ・アッカーマン+ベッカ・パグリッシ『場面設定類語辞典』
早坂吝『双蛇密室』
京極夏彦『虚実妖怪百物語 序』
京極夏彦『虚実妖怪百物語 破』
本田弘之他『街の公共サインを点検する』
古野まほろ『おんみょう紅茶屋らぷさん』
片山杜秀『大学入試問題で読み解く「超」世界史・日本史』
三谷尚澄『哲学しててもいいですか?』
有栖川有栖『ミステリ国の人々』

9冊。少ない…。
posted by △ at 16:33| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年8月読書記録

法月綸太郎『生首に聞いてみろ』
河出書房新社『日本文学全集28 近現代作家集III』
トーマス・シェリング『ミクロ動機とマクロ行動』
坂井豊貴『ミクロ経済学入門の入門』
笹公人『ハナモゲラ和歌の誘惑』
カルロ・エミーリオ・ガッダ『メルラーナ街の混沌たる殺人事件』
周木律『LOST 失覚探偵〈中〉』
周木律『LOST 失覚探偵〈下〉』
芦辺拓『楽譜と旅する男』
図子慧『晩夏』
平田オリザ『わかりあえないことから』
竹沢尚一郎『社会とは何か』
窪園晴夫編『オノマトペの謎』
西牟田靖『ニッポンの国境』
中原一歩『小林カツ代伝』
桑原桃音『大正期の結婚相談』

16冊。ずいぶん読んだなあ。しかしあまりに過去の記憶すぎて…。
posted by △ at 16:30| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

2017年7月読書記録

酒井順子『源氏姉妹』
乾くるみ『物件探偵』
『日本文学全集27 近現代作家集II』
『自薦THEどんでん返し2』
朝倉かすみ『満潮』
三中信宏『系統樹曼荼羅』
阿古真理『小林カツ代と栗原はるみ』
天久聖一編『書き出し小説名作集 挫折を経て、猫は丸くなった』
美内すずえ『「ガラスの仮面」の舞台裏』
恩田陸『失われた地図』

10冊。朝倉さんと恩田さんは憎たらしいほど巧い。
posted by △ at 15:45| Comment(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

2017年6月読書記録

西澤保彦『悪魔を憐れむ』
古野まほろ『禁じられたジュリエット』
ジュリー・ベリー『聖エセルドレダ女学院の殺人』
宮沢章夫『時間のかかる読書』
ジェシー・プリッツ『はらわたが煮えくりかえる』
NR出版会編『書店員の仕事』
今村夏子『あひる』
藤井光編『文芸翻訳入門』
佐藤亜紀『スウィングしなけりゃ意味がない』
森博嗣『私たちは生きているのか?』
山口雅也『落語魅捨理全集』
大森望&豊崎由美『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』
岩佐義樹『ミスが無くなるすごい文章術』
佐藤望『バロック音楽を考える』
砂原庸介・稗田健志・多湖淳『政治学の第一歩』
海老原暁子『なぜ男は笙野頼子を畏れるのか』
セス・S・ホロウィッツ『「音」と身体のふしぎな関係』
浜田寿美男『「自白」はつくられる』
恩田陸『七月に流れる花』
恩田陸『八月は冷たい城』

20冊。小説も多めで、充実した読書生活が送れた模様。出張などで移動時間が多かったことが原因かと思います。恩田さんの2作品が素晴らしかった…。
posted by △ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年5月読書記録

アレン・フォート『無調音楽の構造』
有栖川有栖『狩人の悪夢』
『日本文学全集 26 近現代作家集I』
森見登美彦『ぐるぐる問答』
アンリ・ゴナール『理論・方法・分析から調性音楽を読む本』
喜国雅彦『本棚探偵最後の挨拶』
綾辻行人『人間じゃない』
木下古栗『生成不純文学』
フラン・オブライエン『第三の警官』
高田崇史『QED〜flumen〜月夜見』
山口博史『パリ音楽院の方式による厳格対位法』
吉田敏浩『人を”資源”と呼んでいいのか』
大岡信・谷川俊太郎『詩と世界の間で』
青山拓央『幸福はなぜ哲学の問題になるのか』

14冊。ですが小説が少ない…。やはり『狩人の悪夢』が美しい作品。
posted by △ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

2017年4月読書記録

新井紀子『数学は言葉』
山口昌伴『台所の一万年』
澤村伊智『恐怖小説キリカ』
和泉悠『名前と対象』
満薗勇『商店街はいま必要なのか』
北村薫『遠い唇』
P・ペジック『近代科学の形成と音楽』
永江朗『東大vs京大 入試文芸頂上決戦』
ハインリヒ・シェンカー『ベートーヴェンの第9交響曲』
『今尾恵介の地図読み練習帳100問』

10冊。小説も少ない。さすがに年度はじめは忙しかった模様。
posted by △ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

2017年3月読書記録

恩田陸『蜜蜂と遠雷』
古川日出男訳『日本文学全集9 平家物語』
『R&B馬鹿リリック大行進』
高木ゑみ『考えない台所』
松田青子『おばちゃんたちのいるところ』
高木壮太『新荒唐無稽音楽辞典』
青崎有吾『アンデッドガール・マーダーファルス2』
アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ『熊と踊れ(上・下)』
古野まほろ『ねらわれた女学校』
宮内悠介『カブールの園』
稲泉連『「本をつくる」という仕事』

12冊。小説をたくさん読んだ月でした。
なんといっても『蜜蜂と遠雷』の無類の面白さに感嘆した月でもありました。
posted by △ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

2017年2月読書記録

コリン・ワトスン『浴室には誰もいない』
西谷大『ニセモノ図鑑』
歌野晶午『Dの殺人事件、まことい恐ろしきは』
せとちとせ『たのしい回文』
津村記久子『浮遊霊ブラジル』
福永信編『小説の家』
飯田朝子『日本の助数詞に親しむ』
京極夏彦『書楼弔堂 炎昼』
周木律『LOST 失格探偵〈上〉』
柴田千晶『空室 1991-2000』
鳥海修『文字を作る仕事』
岸由二『「流域地図」の作り方』
河西秀哉『うたごえの戦後史』
酒井智宏『トートロジーの意味を構築する』

14冊。小説が少ない。最近小説を読む気力がやや足りない気がする。いや、単に読む時間が足りないだけだと思いたい。
posted by △ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

2017年1月読書記録

小山内伸『ミュージカル史』
宮内悠介『月と太陽の盤』
多和田葉子『聖女伝説』
栗田季佳『見えない偏見の科学』
深木章子『猫には推理がよく似合う』
ジェーン・スー『女の甲冑、来たり脱いだり毎日が戦なり』
深水黎一郎『大癋見警部の事件簿リターンズ』
若竹七海『静かな炎天』
笙野頼子『ひょうすべの国』

9冊。1桁台とは…1月、そんなに忙しかったっけか。2月はさらに忙しくなるので、ますます読めなくなるかも…無念。
posted by △ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

2016年12月読書記録

ジョナサン・ウルフ『「正しい政策」がないならどうすべきか』
森博嗣『デボラ、眠っているのか?』
『河出書房新社日本文学全集10 能 狂言 説経節 曾根崎心中 女殺油地獄 仮名手本忠臣蔵 菅原伝授手習鑑 義経千本桜』
アンソロジー『アリス殺人事件』
斉藤斎藤『渡辺のわたし 新装版』
山田陽一編『音楽する身体』
連城三紀彦『わずか一しずくの血』
藤野寛『「承認」の哲学』
『河出書房新社日本文学全集7 枕草子 方丈記 徒然草』
連城三紀彦『戻り川心中』
連城三紀彦『どこまでも殺されて』
松尾スズキ『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』
『デザインが楽しい! 地図の本』
角田光代『わたしの容れもの』

14冊。趣味というより仕事の本がいくつか混ざっているので、やや物足りない月でした。まあ、師走は忙しないですから。2017年も、もろもろ支障のない範囲で楽しく読んでいければ、と思っています。
posted by △ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

2016年11月読書記録

トーマス・ベルンハルト『消去』
宮内悠介『スペース金融道』
綾辻行人『深泥丘奇談・続々』
早坂吝『アリス・ザ・ワンダーキラー』
『河出書房新社日本文学全集29 近現代詩歌』
一柳慧『一柳慧 現代音楽を超えて』
森博嗣『風は青海を渡るのか?』
井上真偽『聖女の毒杯』
白井智之『おやすみ人面瘡』
法月綸太郎『一の悲劇』
連城三紀彦『暗色コメディ』
連城三紀彦『私という名の変奏曲』
内田洋子『ロベルトからの手紙』
清水杜氏彦『わすれて、わすれて』
ケイトリン・ドーティ『煙が目にしみる』
原口隆行『鉄道ミステリーの系譜』

16冊。本格ミステリが多いですねえ。しかし一番感銘を受けたのは『煙が目にしみる』でした。葬儀屋さんの自叙伝、ということになるのだろうか。笑えて、そしてぐっと来ます。
posted by △ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | もじにいりびたる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする